地震の予測マップと時系列予測グラフ

地震発生ヶ所をポイント予測し、約14日間の地震発生を将来予測する

2019-12-11 地震の予測マップと時系列予測グラフ 12日の地震列島は宗谷岬でM4.4, 胆振と茨城沖と佐渡と岩手沖でM3.X! 解説:本日は、ARIMA時系列予測グラフ更新の日です!

常に最新記事なら [こちら最新!] をアクセスし、ブックマーク!

 防災科研さんから午前0時に2日前の詳細データが公開され、もって1年分のデータ解析を行なっています、題名先頭にある日付が解析データ1年分の最終日です、記事は毎日、午前1時〜3時頃にアップされます

 地震の予測マップは、毎日更新です

 地震の時系列予測グラフは、2019-12-11に更新されました、次回の更新は2019-12-26で、約14日間隔で更新されます

 

[こよみの計算 - 国立天文台暦計算室] 、[月の地心座標 - 国立天文台暦計算室] より:

⚫ 12月11日は月齢14.0日 東進Day 、月距離 38.7321万km 38.7万km超え直前日

⚫ 12月12日は月齢15.0日 西進Day 満月、月距離 38.3224万km

⚫ 12月13日は月齢16.0日 西進Day 、月距離 37.9520万km

東進Dayとは新月から満月前日までの日々、西進Dayとは満月から新月前日まで

月距離とは地球から月までの距離で、約35〜40万kmの間を振動しています、38.7万kmが大体の滞在時間(日数)中間となる境界ラインで、上部を凸部、下部を凹部と称しています、この振動の周期は月の公転周期27.3日となっており、1年で13周期あり中央38.7万kmで分けた凸部凹部の数は26個/年(これを1年26期と言う)になり、1期の日数は約14日となります

月の地球に対する公転周期は27.3日で、新月から次の新月前日までの月齢一月は29.5日と、月齢の方が2日少々長いのは、地球の太陽に対する公転運動を月の公転運動が追いかけている為です

 

経験上、千島海溝、日本海溝、でM6.5以上の西進破壊による巨大地震は:

 赤マークで覆われている領域で、西進Dayに発生します

 青マークで覆われている領域で、東進Dayに発生します

 

 

各領域の時系列データは排他的にして重複を排除しており、西域が南海トラフ監視領域を100%包含するので最も優先度が高く、順に、

 西域_時系列とは、西域そのもの、フィリピン海プレートの影響を直接受ける

 中域_時系列とは、中域から西域を除いたデータ(中域マイナス西域とも言う)、日本海溝経由で太平洋プレートの影響を直接受ける

 東域_時系列とは、東域から中域を除いたデータ(東域マイナス中域とも言う)、千島海溝経由で太平洋プレートの影響を直接受ける

となります、ここで排他的に取り扱うのは時系列データと予測グラフに関する事項で、空間的な予測である救急マークマップには、このような制約はありません

= 最新地震情報12月12日(M3.0以上かつ震度1以上)です =

Yahooさん [4] より掲載(元データは [気象庁] さん)、マップ上震源位置

 12月12日01時09分、宗谷岬北部でM4.4、深さはごく浅く、震度5弱 東域_時系列

 12月12日04時24分、胆振でM3.0、深さ30km、震度2 東域_時系列

 12月12日04時28分、茨城沖でM3.6、深さ50km、震度1 西域_時系列

 12月12日14時30分、佐渡付近でM3.7、深さ10km、震度1 中域_時系列

 12月12日17時44分、岩手沖でM3.9、深さ30km、震度1 中域_時系列

 

 12日、宗谷岬北部でM4.4、深さはごく浅くで震度5弱と大きく揺れました、「ごく浅く」とは深さ10km未満という事です

 

 

解説: 本日は、ARIMA時系列予測グラフ更新の日です

 本日は2019-12-11データを用いてARIAM予測を更新する日です、ので、ご説明致したく、お付き合い頂けますよう、よろしくお願い申し上げます

 

 まず、前回の予測期間2109/11/30〜2019/12/11の結果(成績)ですが:

 東域については、Hit_N予測でした

結果、東域ではM5.0以上は発生しませんでした、ので、的中!

12月5日千島列島でM5.7が発生しましたが、東域外かつ36kmマップ外でした

 中域については、Hit_P予測でした

結果、12月11日に福島沖でM5.2が発生しました、ので、的中!

 西域については、Hit_N予測でした

結果、西域ではM5.0以上は発生しませんでした、ので、的中!

前回の予測は排他領域はなく、オーバラップ状態での領域予測でしたが、偶然ですが、排他領域としても同じ結果となります

 

 今回、2019-12-11データによる2019/12/12〜2019/12/26迄の予測は排他領域における時系列データ予測となっています、これは慎重に時間を掛けてソースチェックして流しました(10年260期_時系列グラフのバグは排他領域の処理にありましたので)

時系列予測グラフは予測本文を参照して頂くとして、今回の予測結果と2019/12/11まで1年間の成績をまとめますと:

 次の期の予測は:

東域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_N, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

 

中域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_P, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

 

西域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_N, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

であり、

 

 この1年の予測実績は:

東域_時系列では、
  Hit_P : 11 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 9 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 5 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 1 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_N 予測の実績は、9/(9+1) = 90.0%

 

中域_時系列では、
  Hit_P : 10 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 10 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 3 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 3 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_P 予測の実績は、10/(10+3) = 76.9%

 

西域_時系列では、
  Hit_P : 11 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 12 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 1 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 2 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_N 予測の実績は、12/(12+2) = 85.7%

となっています

 

 排他領域にしてデータの重複を排除したら、予測が難しくなりました、私が作成しているARIMA予測後のHit_P/Hit_N判断の部分の事です、やっているとARIMA出力が実数で出てくるのを単純に整数に変換しているから、のように見えます、次回までに少し工夫してみます

尚、本日より月距離地震グラフの項にて記載していた凸部凹部比率と東進西進比率の説明を削除しました、M5.0以上(西域_時系列ではM4.8以上)発生の偏りを求めるのは面白いのですが、日々のデータを示すより、どこかのタイミングでまとめてヒストグラムにて提示した方が分りやすい、と思えるからです

 

以上、長文かつ分かりづらい内容にお付き合い頂き、誠にありがとう御座います、感謝です

 

 

   

そして被災地は今... [happy-ok3の日記] 地震・豪雨・台風と、被災地の現状をレポートするhappy-ok3 さんの考えさせられるブログです、関心を持ち続けて欲しい

 

= 以下、2019-12-11 迄データ1年分による本日の地震の予測マップ&時系列予測グラフ =

マークは東進圧力、マークは西進圧力を示す圧力方向の解析表示です

救急マークがM5.0以上の地震予測する注意ポイントで、6kmマップにあります

[防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網]、[気象庁|震源データ] を参照しています

= 地震の予測マップ・ピッチ36kmマップです =

東進西進圧力表示・ピッチ36km予測マップです

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004542p:plain

ピンクの小さな★マークは、南海トラフ巨大地震発生ヶ所で、西から、1854安政南海M8.4、1946昭和南海M8.4、1707宝永M8.6、1944昭和東南海M8.2、1854安政東海M8.4

 

= 地震の予測マップ・ピッチ6kmマップとポイント予測マップと月距離地震グラフと時系列地震予測グラフです =

東進西進圧力表示・ピッチ6km予測マップ東域です  凡例は36kmマップと同じ

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004559p:plain

次がポイント予測・東域 救急マーク がM5.0以上の発生予測注意ポイントです

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004616p:plain

根室沖M7.8〜8.5の確率80%、青森東方沖及び岩手沖北部M7.0〜7.5の確率90% 、宮城沖M7.0〜M7.5の確率90%、福島沖M7.0〜M7.5の確率50% [海溝で起こる地震 | 地震本部] 2019年1月1日算定基準日の30年間確率、以下同様

月距離地震グラフ東域:この1年の東域_時系列データM5.0以上です

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004633p:plain

26期予測グラフ(M5.0以上数は3でリミット)東域は、2019-12-11 の予測結果で、

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004706p:plain

ミニ解説・東域

26期予測グラフとは、凸部凹部の期に発生したM5.0以上(西域ではM4.8以上)地震数を最大3で制限し、各期に至る1年26期分の総和を26期分表示し、続く27/28期を予測するグラフです、以下同様

東域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_N, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

下記の過去直近1年の予測実績より、東域でHit_N予測された期においてM5.0以上が発生しなかった確率は90.0%です、次の更新は 2019-12-26 です

東域における過去1年26期のM5.0予測実績は、

  Hit_P : 11 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 9 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 5 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 1 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_N 予測の実績は、9/(9+1) = 90.0%

Hit_P状況とはHit_P予測(M5.0以上が発生すると予測)して実際にM5.0以上が発生した状況、空振り状況とはHit_P予測してM5.0以上が発生しなかった状況、Hit_N状況とはHit_N予測(M5.0以上は発生しないと予測)して実際にM5.0以上は発生しなかった状況、見逃し状況とはHit_N予測して実際にはM5.0以上が発生した状況、以下同様

 

東進西進圧力表示・ピッチ6km予測マップ中域です 凡例は36kmマップと同じ

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004812p:plain

次がポイント予測・中域 救急マーク がM5.0以上の発生予測注意ポイントです

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004830p:plain

青森東方沖及び岩手沖北部M7.0〜7.5の確率90% 、宮城沖M7.0〜M7.5の確率90%、福島沖M7.0〜M7.5の確率50%、茨城沖M7.0〜M7.5の確率80%、相模トラフ南関東直下地震M6.7〜7.3の確率70% [海溝で起こる地震 | 地震本部]

月距離地震グラフ中域:この1年の域_時系列データM5.0以上です

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004845p:plain

26期予測グラフ(M5.0以上数は3でリミット)中域は、2019-12-11 の予測結果で、

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004919p:plain

ミニ解説・中域

中域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_P, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

下記の過去直近1年の予測実績より、Hit_P予測された期においてM5.0以上が発生した確率は76.9%です、次の更新は 2019-12-26 です

中域における過去1年26期のM5.0予測実績、

  Hit_P : 10 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 10 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 3 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 3 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_P 予測の実績は、10/(10+3) = 76.9%

 

東進西進圧力表示・ピッチ6km予測マップ西域です  凡例は36kmマップと同じ

f:id:yoshihide-sugiura:20191213004952p:plain

次がポイント予測・西域 救急マーク がM5.0以上の発生予測注意ポイントです

f:id:yoshihide-sugiura:20191213005010p:plain

南海トラフM8〜M9クラスの確率70%〜80%、日向灘M7.1前後の確率70〜80% [海溝で起こる地震 | 地震本部]

ピンクの小さな★マークは、南海トラフ巨大地震発生ヶ所で、西から、1854安政南海M8.4、1946昭和南海M8.4、1707宝永M8.6、1944昭和東南海M8.2、1854安政東海M8.4

月距離地震グラフ西域:この1年の西域_時系列データM4.8以上です

f:id:yoshihide-sugiura:20191213005027p:plain

26期予測グラフ(M4.8以上数は3でリミット)西域は、2019-12-11 の予測結果で、

f:id:yoshihide-sugiura:20191213005100p:plain

ミニ解説・西域

西域M5.0以上の発生予測 : 続く27/28期の予測は、 27th-> Hit_N, 28th-> Hit_P
27th-> 2019/12/12 to 2019/12/26, 28th-> 2019/12/27 to 2020/01/07

下記の過去直近1年の予測実績より、Hit_N予測された期においてM5.0以上が発生しなかった確率は85.7%です、次の更新は 2019-12-26 です

西域における過去1年26期のM5.0予測実績、

  Hit_P : 11 期分が、Hit_P 状況にマッチしました
  Hit_N : 12 期分が、Hit_N 状況にマッチしました
空振り : 1 期分が、空振り状況にマッチしました
見逃し : 2 期分が、見逃し状況にマッチしました
Hit_N 予測の実績は、12/(12+2) = 85.7%

 

= まとめです =

 2017年の放出エネルギーは過去最低 、2018年は増加、2019年も現在増加しています [2019-10 地震の予測マップ ここ26年間の北西太平洋地域・地震放出エネルギー推移を測定する! - 地震の予測マップ]

 ここで赤い救急マークは、M5.0以上の地震ヶ所をピンポイントで予測しています

 時系列予測では、各域において直近将来約14日間地震発生を予測しています

 どちらも、2019山形沖地震M6.8、2018胆振地震M6.7、2018大阪北部地震M6.1、2016熊本地震の前震M6.5、2011年東北太平洋地震の前震M7.3、を正しく予測しています

 

という北海道東部沖の千島海溝沿いで、東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震が、いつ起きても不思議はないとの見方を示した。
北海道東部沖の千島海溝沿いで、東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震が、いつ起きても不思議はないとの見方を示した。
政府の地震調査委員「超巨大地震:北海道沖、M9地震予測 本州にも被害の恐れ」といった報道をするのであれば、注意喚起領域でM5.5クラスが来た時には「注意喚起情報」を出されるべきではないか、と思います。
政府の地震調査委員会

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました

・ 東進西進の原理、東進西進の識別方法、等の説明はこちら [テクニカル事項]

・「地震の予測マップ」のデータ更新タイミングの説明はこちら [データ更新タイミング]

・ 国土地理院さん提供の地殻変動マップはこちら [地殻変動情報] javaがインストールされている必要があります

・「太陽黒点数の推移を追う!」は別ブログへ [太陽黒点数の推移を追う]

= 以上です =

 

謝辞: 本予測は「気象庁文部科学省が協力してデータを処理した結果」の「気象庁一元化処理震源要素」データ一年分(暫定)を「防災科学技術研究所」サイトよりダウンロードして解析しています。 [2] このデータによって初めて一般にリアルタイム解析が可能となったもので、構築にご尽力頂きました各国立大学、各官庁と関連する機関、都道府県と関連する機関、等の関係各位殿に深く謝意を述べさせて頂きます。

免責: 本予測は個人の推論によるもので、プログラムバグやデータ解釈ミス等も含め、ここで表示された結果について何ら責任を負うものではありません。

引用:

[1] スロースリップ - Wikipedia プレートがゆっくりと移動し大きな破壊を伴わずにエネルギー解放する現象ですが、プレート深部には応力歪が伝搬され、これが原因で深部のスラブ内領域で通常の地震が発生します。

[2] 防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網

[3] 気象庁|震源データ

[4] 地震情報 - Yahoo!天気・災害

[5] 過去巨大地震マップ - 地震の予測マップ

[6] 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 三鷹太陽地上観測

[7] こよみの計算 - 国立天文台暦計算室